湿度計の校正の必要性

計測をするために、様々な計測器があります。温度計なら温度を、湿度計なら湿度を計測します。この計測器が、市場に出て計測するには、校正をしなくてはいけません。校正とは、計測器が正確に計測出来ているかを調べ、正確に計測出来ていることを、証明することです。この証明によって、安心して使用することができます。何故ならば、温度や湿度を計測する時には、正確さがとても大切だからです。少しでも計測に誤差があると、商品の品質に関わってきます。こんな背景があるために、計測器の正確さが求められます。普段、なんの疑いもなく、計測器の正確さを信じて使用していますが、差異がない理由もきちんと存在しています。校正という一手間があるから、正確さは確保され、会社の業務や日常生活の一幕の計測を支えています。それでも、計測器も使い続けると、誤差や故障を起こします。修理や新品にかえて、正確な計測器にします。

湿度計の校正と正確性の維持

湿度は気温と並んで体調に影響を与えやすい指標です。そのため、湿度計を購入される方も徐々に増えています。しかし、湿度計はいつまでも正確な湿度を示し続けるわけではありません。そこで校正と呼ばれる手段を用いて自分の湿度計と実際の湿度の差を把握し、必要であれば買い換えることが必要です。校正の頻度に関しては物によって差がありますが、だいたい1年に1回くらいが目安とされています。正確な物に直すにはまず湿度を感知する部分に濡れた脱脂綿をつけておきます。これでしばらく放置すると湿度が100%になるはずですが、狂っている湿度計なら100%になりません。そこで100%になるように調整します。調整の仕方は物によって異なります。湿度計の穴を濡らしすぎると壊れてしまうこともあるので注意が必要ですが、割と簡単に調整できます。

湿度計の校正とその必要性

日常生活では湿度が高いから加湿器を使うなどのことはあっても、湿度を厳密に管理することは少ないでしょう。しかし、半導体や薬の製造現場、あるいは検査機関などでは、製品の品質や検査精度を担保するために、厳密な湿度管理を必要とします。これらの現場では日常的に湿度を測定し記録しているわけですが、その際に使用されるのが湿度計となります。従って、湿度計の精度が悪いと重大な製品事故につながることになりかねません。そこで、湿度計の精度が保たれているかを定期的にチェックすることが必要となります。このチェック作業のことを校正といいます。校正の頻度はその環境によって異なりますが、安全性や信頼性を担保するためにも最低でも年一回は実施する必要があります。また、校正はあくまでも過去の製造・検査に問題がないことを証明するためのものであり、未来について担保するものではありません。そのため、厳密な湿度管理が必要な場合は、より高頻度で実施することになります。