湿度計の校正はとても重要

“世界には様々な物の測量の技術が存在します。速度や距離、高さと言った物から、周波数や電圧などの実感することが難しい物まで何でも測ることができます。物を測ると言うことは、何かしらの判断をするためにとても重要になります。測定器のほとんどは定期的に校正が必要になります。湿度計も例に漏れず、どんな環境で使うにしても最低でも年一回は校正を行うことが好ましいとされています。と言うのも湿度を測るために使うセンサーが化学物質でできているため、どうしても変質を防ぐことができないからです。ほんの少し汚れが付いただけで数値に誤差が出てしまいます。新品で手に入れた湿度計がたった一年で大きな誤差が出るようになると言うことも頻繁に起こります。もしも湿度管理が重要な環境で、校正をしていない湿度計を使おうものなら重大な問題になりかねません。回避するためにも徹底しましょう。

湿度計に校正が必要な理由とは

湿度計とは、湿度を測定する為に用いられる機器です。湿度とは、空気に含まれる水分量の意味であり、その表現方法にも幾つか種類があります。その中でも私たちが普段””湿度””と言っているのは、相対湿度のことです。空気中に含まれる水蒸気量を割合的に表し、天気予報などでも馴染みが深い表現方法です。他にも、混合比や絶対湿度などがあり、比較湿度(%)や比湿(kg)、霜点(℃)などで表現されます。また、湿度計そのものにも様々な種類があり、使い勝手の簡単さや正確性など、各々に異なった特徴があります。代表的な物には、乾湿球形や通風形乾湿球、電子式などです。そして、いずれの場合も校正は定期的に行う必要があります。ちょっとした汚れなどの様々な要因によって、経年変化は避けられない為です。使用する環境や頻度により校正を行う時期やタイミングは変わってきますが、少なくとも1年に1度程度は行うことが望ましいです。

湿度計の校正について

一般家庭で使用される湿度計の場合、若干のズレが生じてきてもそれほど気になることはないでしょう。また、そのズレから引き起こる問題もほとんどないため、ズレが生じてもそのままにしていることがほとんどです。しかし、業務用などに使用されている湿度計の場合はそのズレが大きな問題を発生させる原因になる場合があります。とくに食品会社などはこうしたズレが発生することで、大きなトラブルに繋がることがあります。食品の製造過程においての湿度管理はとても重要で、また食品の保管についても厳重な湿度管理がされていることが一般的です。こうしたズレによるトラブルを防ぐためにも、校正作業は定期的に行う必要があります。湿度計の校正は、専門業者へ依頼をして行うようにしましょう。正確な湿度を計測できるようにプロの専門機関に依頼をすることが重要です。”